「住宅購入の疑問、一発回答!」 外断熱と内断熱の特長
住むネット

住まい全般

 
ホームマンション一戸建て住宅ローン住まい全般専門家のサポートみんなの声(掲示板)

新築マンション 物件検索   中古マンション 物件検索   新築一戸建て 物件検索   中古一戸建て 物件検索
外断熱と内断熱の特長


マイホーム購入者の疑問に専門家がお答えします。
あなたの疑問に一発回答!
Q 外断熱と内断熱の特長
外断熱、内断熱のそれぞれのメリット・デメリットなどを教えてください。


A 建築家 山本 覚の回答
建物には外部の熱を伝わりにくくするために断熱材を入れるケースが多いです。その断熱方法には内断熱と外断熱がありますが、それぞれ利点、欠点があります。

内断熱は断熱材を建物の内側に施工する方法で、例えば木造などではグラスウールやロックウールと呼ばれる材料を使用します。これらの断熱材は軟らかいものなので柱の間などに詰めやすい性質があり施工手間がラクです。

但し、年月が経つと例えば結露などで水を含んでしまった場合は壁の下端に落ちてしまうことがありますので充填する時はきちんと留めておく必要があります。
山 本  覚
1級建築士
また、内断熱は外壁の温度差と室内の温度に差が生じやすく結露が起き易すいためカビやダニが発生しひとの健康にも悪影響を与えてしまうこともあります。

外断熱工法を一言でいうと、ずばり構造体の外側に断熱材を施工する工法です。

外断熱は建物躯体の外側に断熱材を貼り付ける方法で、施工時に貼る際隙間なく貼ることが難しいので、施工精度によって断熱性能の差が出がちです。

内断熱工法の場合は、躯体であるコンクリートが外側にあるために、日光や外気の気温の変化を直接受け、躯体が膨張・収縮を繰りかえすため、躯体の劣化が早いのがデメリットでした。

外断熱工法の場合は、外側に断熱材があるために、躯体が外気の影響をうけることがほとんどなく、コンクリートの温度は年中一定しています。ということは、コンクリートの膨張・収縮の心配がなく躯体が長持ちするのです。

デミリットは、施工時の施工精度によって断熱性能の差が出る点とコストが内断熱に比べて高い点、あとは室内を魔法瓶のようにしている為、温まりにくいが冷めにくい構造なので、共働きの家などは

 冬場は夜帰宅して暖房 → 朝方にようやく暖まる → 出かけてしまう

というサイクルになってしまい、なかなか良さが出ない家庭もあると思います。

どちらが優れているかは甲乙つけがたいのですが、建物を建てる地域や住む人のライフスタイルにも大きく係ると思われます。


≪ 申込?契約?仮契約? マイホームの疑問、一発回答!
のTOPへ
抵当権のある住宅 ≫


みんなの声(掲示板)

みんなの声(掲示板)

みんなの声(掲示板)


専門家のサポート

住むネットメールマガジン

セミナー案内

執筆者プロフィール

コラム執筆者募集中

無料で住むネットのコンテンツをあなたのサイトで使えます!


「メディアの方へ」
執筆者への取材・取材協力・執筆依頼等はこちらへ>>>


(姉妹サイト)
住宅取得コンサルティング

(サイト制作会社)
Web企画戦略から制作まで!
有限会社アイシス



 
ホーム サイトコンセプトサイト運営者お問い合わせリンクサイトマップ

当サイト内のコンテンツ・文章・画像など一切の著作権は住むネットに帰属します。無断でのコピー・転載は禁止致します。