「一戸建て購入の疑問、一発回答」 隣地との間隔が狭いのですが?
住むネット

住まい全般

 
ホームマンション一戸建て住宅ローン住まい全般専門家のサポートみんなの声(掲示板)

新築マンション 物件検索   中古マンション 物件検索   新築一戸建て 物件検索   中古一戸建て 物件検索



マイホーム購入者の疑問に専門家がお答えします。
あなたの疑問に一発回答!
Q 隣地との間隔が狭いのですが?
隣りの家と家との間隔が数十センチしかない家を見かけますが、素人目にはなんだか よくないような気がします。何か規制や問題点などはないのでしょうか? (人が一人入るのも困難な幅しかないようなのに、外壁の補修はどうやって行うのでしょうか?)


A 建築家 山本 覚の回答
法律としましては、民法第234条におきまして「境界線付近の建物の築造制限」が定められています。具体的には、建物を築造する場合、境界線より50cm以上の距離を存することを要します

但し、行政などに建築の計画をチェックしてもらう「確認申請」において協議を行う場合は、 建築基準法に基づいて審査する為、民法の条例について指摘されることはなぜかほとんどありません。

よって境界内であれば後退距離が1cmでも建物を建てることは可能となってしまっています。

では、実際にどのくらいの後退距離で家は建てられると思いますか?

山 本  覚
1級建築士

建物を建てるには周りに足場を掛け造っていきます。この足場は隣の土地には無断では建てられませんので、敷地内になります。また、足場からある程度離れていないと、外壁を造ったり塗装を吹いたりすることが 出来ませんので、通常は最低寸法がおのずと約50cm程度になります。

それ以外では各官公庁での条例などで決められているケースもあります(例えば外壁後退距離を1m以上確保するなど)。

実際には20cmしか離れていない物件もありますが、このケースは複数の住宅を新築する現場で起こりえます。敷地はきちんと決められていますが、同時に同じ販売会社が造るため、足場を共通にして建てられるものは、物理的にはギリギリまでの後退距離で造ることができますのでご注意下さい。

現在はよくても将来的に建て替える時に同じ後退距離で建てようとすると、隣から民法の条例を基に
「50cm以上の後退距離の確保」を訴訟され、指導される判例があります。


  マイホームの疑問、一発回答!
のTOPへ
クラックがあるけど大丈夫? ≫


みんなの声(掲示板)

みんなの声(掲示板)

みんなの声(掲示板)


専門家のサポート

住むネットメールマガジン

セミナー案内

執筆者プロフィール

コラム執筆者募集中

無料で住むネットのコンテンツをあなたのサイトで使えます!


「メディアの方へ」
執筆者への取材・取材協力・執筆依頼等はこちらへ>>>


(姉妹サイト)
住宅取得コンサルティング

(サイト制作会社)
Web企画戦略から制作まで!
有限会社アイシス



 
ホーム サイトコンセプトサイト運営者お問い合わせリンクサイトマップ

当サイト内のコンテンツ・文章・画像など一切の著作権は住むネットに帰属します。無断でのコピー・転載は禁止致します。