「一戸建て購入の疑問、一発回答」 吹き抜けのある家
住むネット

住まい全般

 
ホームマンション一戸建て住宅ローン住まい全般専門家のサポートみんなの声(掲示板)

新築マンション 物件検索   中古マンション 物件検索   新築一戸建て 物件検索   中古一戸建て 物件検索
吹き抜けのある家


マイホーム購入者の疑問に専門家がお答えします。
あなたの疑問に一発回答!
Q 吹き抜けのある家
吹き抜けのある家を建てたいと思っています。明るくて開放感があって理想的なのですが、吹き抜けのある家に何かデメリットはないでしょうか?


A 建築家 山本 覚の回答
一般的な住宅での吹き抜けとは2層(2階)に渡って天井が抜けている状態を言います。天井が抜けていることによって開放感があり、お部屋も広く感じると思われます。

しかし、吹き抜けを造ることによってのデメリットは多くあります。

まず、構造的にはこの抜けた部分は平面的には剛性がとれず、吹き抜けのない住宅と比較すると耐震上弱くなります

また、設備面では空調に問題があります。空調する際、温かい空気は上昇し、冷たい空気は下降します。吹き抜けのある部屋で空調するとどうなるでしょうか。
山 本  覚
1級建築士

夏場は冷たい空気が下りてくる為問題はなさそうですが、冬場の暖気は上昇するので人が居る場所はなかなか暖まりにくく、天井付近が暖まることになります。

この対策としては、「プロペラファンを天井に設置する」「床暖房を併用する」などがありますが、費用はかかりますね。

あとは、照明器具が限定されることです。一般的に使われているシーリングライトだと電球の取替にいちいち電気屋さんを呼ばないと出来ません。(足の長い脚立での作業は大変危険!) ブラケット(壁付けタイプ)やペンダント(天井から垂らすタイプ)のようなものになると照度も十分得ることが出来にくいため作業空間としては難しいです。

このように演出効果を高める空間としては最適ですが、居住空間としてはマイナス面が多いです。


<< 健康住宅 って? マイホームの疑問、一発回答!
のTOPへ
 


みんなの声(掲示板)

みんなの声(掲示板)

みんなの声(掲示板)


専門家のサポート

住むネットメールマガジン

セミナー案内

執筆者プロフィール

コラム執筆者募集中

無料で住むネットのコンテンツをあなたのサイトで使えます!


「メディアの方へ」
執筆者への取材・取材協力・執筆依頼等はこちらへ>>>


(姉妹サイト)
住宅取得コンサルティング

(サイト制作会社)
Web企画戦略から制作まで!
有限会社アイシス



 
ホーム サイトコンセプトサイト運営者お問い合わせリンクサイトマップ

当サイト内のコンテンツ・文章・画像など一切の著作権は住むネットに帰属します。無断でのコピー・転載は禁止致します。